2020-03-02
投稿先 未分類

先日、とある庭園でのんびりと梅を見てきました。

ちょうどいい時期に行ったようであり、ほぼすべての梅が満開でした。色々な種類の梅がありました。白いもの、赤いもの、桃色のもの、小ぶりのもの、垂れているもの、一見、梅にはみえないもの、これだけの見た目も雰囲気も異なるものが、同時に少し早い春を感じ、同時に咲いていることに、不思議な気持ちを覚えました。

帰る道すがら、桜の木もたくさん見ました。枯れ木のように見えなくもないものが、1ヶ月後には満開になっているのだと思うとこれも不思議な気持ちを覚えました。かわいらしい梅が咲いあとに、華やかな桜が咲くという順番も天の配剤のようにも感じます。